ホワイトニングanything

ホワイトニング後に気をつけた方が良いもの:タバコ

ホワイトニングをしたときの感動が忘れられないという人は少なくありません。
白い歯というのは、本当に人を魅力的に見せるものであり、
笑ったときにパッと顔色を明るく見せる効果があります。
そのため、黄ばんでいる歯の人は、多くの損失を被っていると言えます。
だからこそ、歯を白くする人が多く存在しており、
自宅のホワイトニングキットが飛ぶように売れているのでしょう。

ホワイトニング後に気をつけなければいけない事

ホワイトニング後に気をつけたほうがいいものがあります。
それはタバコです。 喫煙者の歯が汚いという話を聞いたことはないでしょうか。
もちろん、喫煙者すべての歯が汚いわけではないのですが、
黄ばんでいる人が少なくありません。これはタバコのヤニが付着しているからです。
なぜ、ヤニの汚れが付着しているままの人が多いのかというと、
ステインという色素沈着の減少が起きているからです。
ステインは歯磨きでどうにかなるものではありません。
きちんとホワイトニングを行わないと、歯を白く保つことができないのです。

ただし、ホワイトニングを行ったとしても、喫煙を続けていると、
再びステインがつく可能性が高まります。
なぜならば、常にタバコのヤニが歯に付着し続けており、
次第に色素沈下していってしまうからです。  
そのため、ホワイトニング後はできるだけ喫煙しない方がいいでしょう。
歯を白く保ちたいのであれば、禁煙するのが一番です。
白い歯を維持するためには、タバコのヤニを絶つことが一番です。